2017年4月19日水曜日

[真空管アンプ]6N6Pミニワッターの製作 (11) ラグ板の取り付けと音出し

ラグ板を取り付け、配線完了。

真空管はまだ差さないで、ドキドキしながら、初火入れ。
各部の電圧を計り、特に問題がないことを確認。

ちなみに、このような電圧になった。
AC100V電源103.0V
V+電源271.0V
出力段カソード電圧L:60.2V R:56.7V
初段カソード電圧L:1.490V R:1.526V
初段プレート電圧L:54.2V R:50.0V
出力段バイアス電圧L:-6.0V R:6.7V
特に問題なさそうなので、ヘッドホン端子とステレオ端子の配線をおこなった。

DACの出力を真空管アンプのライン入力に接続し、夜遅くなったのでヘッドホン端子にヘッドホンを接続する。アンプのスイッチオン、プレイボタンをクリック。
おぉぉ!!音がする。綺麗。
ノイズまったくなし。素晴しい!!
作って良かった。

ぼんやり光る真空管を見ていると、心が癒されます。

スピーカーのテストと裏蓋の取り付けは明日にしよう。